TRIお助けチューブS米式バルブのクロスバイクでレビュー

自転車アイテム

昨年(2022年)のワイズロードのブラックフライデーでBBBの携帯ポンプBMP-54と一緒に購入したお助けチューブ(Sサイズ)。

お助けチューブは口金が米式のポンプから仏式バルブに使用する時に使う延長ホースなので、通常その状態で米式バルブには使えませんが、バイク用のエクステンションエアーバルブ等があれば米式バルブで使うことが出来ます。

お助けチューブと自転車のチューブで言葉がややこしくなるので、自転車のチューブもタイヤとして書いています。

スポンサーリンク

TRISPORTSお助けチューブ

パッケージの裏面を見ると自転車のバルブ側は仏式・米式の両方に対応してるような記載がありますがチューブの中は空洞で、米式バルブはバルブコアを押して弁を開放状態にしないと空気を入れる事が出来ないので、お助けチューブだけだと空気を入れることが出来ません。

空気圧で弁を開放しようと空気を入れましたが、7bar,8barでもびくともしませんでした。ただ、お助けチューブ内で空気漏れが無いの確認できた。

スポンサーリンク

TRISPORTSお助けチューブを米式バルブで使う

米式バルブはバルブの芯を押して弁を開放状態にして空気を入れるので、お助けチューブ側に押し当てる機構か無いのでそのままだと使えません。

中華延長チューブ米・米を試す

何か別で米式バルブの芯を押すものが入ってるジョイントがあれば、お助けチューブを接続して使えそうなので、まずは中華の米米延長チューブを購入。お助けチューブの米式版みたいな製品です。

中華延長チューブはバルブ側の接続する部分に突起がありポンプ側は空洞になってます。

お助けチューブと接続して使えそうな感じですが、中華延長チューブのバルブ側の金属パーツから空気が漏れるので使えませんでした。

写真だと分かり辛いのですが、ねじ込み式で動く範囲を超えて飛び出てるようで、そこから空気が漏れてるみたいです。

アマゾンのレビューを見ると普通に使える人もいるようなので、ハズレを引いたかもしれません。

バイク用品のエクステンションエアーバルブを試す

次に購入したのがバイク用品で出回ってるエクステンションエアーバルブ。キタコのエクステンションエアーバルブ90°タイプ。

タイヤのバルブから90°曲げてガソリンスタンドの空気入れや自転車ポンプ等で空気を入れやすくするジョイントです(製品によっては他の角度もある)。

キタコはバイク用品を展開する日本国内のブランドのようで中華の延長チューブと比べて信頼できそうです。

キタコのエクステンションエアーバルブ、米式バルブの芯を押す突起があり、反対側も米式バルブのコアが入っています。

まずはそのまま自転車のタイヤに装着。ねじ込み式なので装着時に少し空気が漏れますが奥まで入ると漏れません。

外す時も少し空気が漏れるので、フロアポンプで空気圧を測りました。

  • エクステンションエアーバルブ装着前→5bar
  • エクステンションエアーバルブ装着時→4.2bar
  • エクステンションエアーバルブ取り外し→3.8bar

※タイヤサイズ700x32C

フロアポンプをタイヤに装着して空気圧を見るだけで約0.2barぐらい下がりますが、エクステンションエアーバルブ装着時が一番空気が漏れてるよう。

そもそも、出先のパンク修理でチューブ交換を想定してエクステンションエアーバルブを購入したので、装着時のエアー漏れはさほど気にはなりません。

ポンピングしてませんが、フロアポンプに接続して空気圧の確認が出来たので空気も入るでしょう。なお、エクステンションエアーバルブの通常の使用方法はここまで。

ここから、エクステンションエアーバルブのコアを外してお助けチューブと接続します。

エクステンションエアーバルブの分解

バルブコアが付いてる状態で接続しても空気は入りませんからね。

エクステンションエアーバルブのバルブコアを外してお助けチューブと携帯ポンプに接続。

最後にタイヤに装着します。コアを外してるので最初にエクステンションエアーバルブをタイヤに装着すると空気がただ漏れしてしまいます。

タイヤの空気が携帯ポンプに入るとバンっと音がしましたが空気漏れは無し。BBBの携帯ポンプBMP-54の口金は仏式と米式の2つあるのでその関係でしょうか。

空気を入れることが出来ましたが、BMP-54は本体と口金が一体型なのでポンプを地面に立てて特にフレームにタイヤをセットした状態で使うとバルブが引っ張られるので、もう1本お助けチューブがあった方が良さそうです。

スポンサーリンク

米式バルブでお助けチューブを使うにはエクステンションエアーバルブと組み合わせる

口金一体型の携帯ポンプだけだとフレームからタイヤを外さないと使いずらかったりとと不安ではあったのですが、エクステンションエアーバルブとお助けチューブの組み合わせで米式バルブに使えるので、1つの安心材料になりそうです。

タイヤのバルブからエクステンションエアーバルブを外す時に少し空気が漏れますが、出先のパンク修理で緊急時にしか使う機会がなさそうなので気になりません。

バルブコア外しのドライバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました