日東ストレートハンドル「B2500AA」に交換。カメラの傾きは改善、アクセサリー類装着に一苦労

自転車アイテム

ハンドルにアクセサリホルダーを付けていて、ライト2つ、スマホホルダー、ドラレコ用のアクションカムを取り付けています。

純正ハンドルと装着してるアクセサリー類

GIANT CS3000の純正ハンドルはフラットバーですがシティサイクルのように中心付近が曲がっています。そのため、アクセサリーホルダーを取り付けるようとすると、この曲がっている部分に装着することになりアクセサリーホルダーに取り付けてるアクションカムが傾いてしまいます。

ハンドルの向きを少し回転させて、真上から見て真横に曲がるように調整したのですがそれでも改善されず、

そのため、完全にストレートのハンドルに交換することにしました。

NITTOのストレートハンドルB2500AAに交換

交換するのは日東のB2500AAです。折角が無く完全なストレート。中心は25.4mm、グリップやレバーを取り付けるバー径が22.2mmで、よくクロスバイクに使われるサイズです。

日東のB2500AAは全長500mmとCS3000の560mmより60mm短くなります。そのため、ミノウラのアクセサリーホルダーも一緒に注文。

全長100mmのショートタイプです。持っているロングタイプ130mm(生産終了)1つでは取り付け出来ないと思ったため。

純正のハンドルをステムから外して日東のハンドルに交換。レバーとグリップも付け替えて完了。

日東B2500AAに交換

ガタ付きなどは無くしっかりと固定されています。完全なストレートハンドルになりました。

アクセサリー類装着で悪戦苦闘

ハンドルにライトだけなら困ることは無いと思いますが、ライト、アクションカム、スマホホルダー等取り付けてると装着に困ります。

以前よりハンドルが短くなったのでハンドルに取り付けスペースがほとんどなくてミノウラのアクセサリーホルダー2個を上手く利用して取り付けます。

が、かなり悪戦苦闘しました。

まずは写真のように取り付け。アクションカムの逆さマウントが出来なくなりましたがアクセサリー類が何とか収まりました。

レバーやライトの操作に支障が出ないか、ライトの角度を上下にある程度動かせるかなど考える必要があるので大変💦

工夫するとまだスペースが空きそうです。フロントフォークのキャリパーブレーキの穴から装着してるライトXB-350Bもハンドルに装着できそうな気がするので試行錯誤してこうなりました。。

かなりの時間悪戦苦闘しながらようやく完了。

アクションカムは上向き、下向きどちらできます。

ストレートなハンドルなので斜めに傾いてたカメラがほぼ水平に改善されました。

ただ、ブレが酷い。アクセサリホルダー2連結で先端にカメラを固定してるので、夜間走行でもろに振動を拾います。

なので、また取り付け位置を変更。

アクセサリホルダー2連結は同じですが、2つ目のアクセサリーホルダーはライト2灯にして、アクションカムはハンドル交換前と同じような位置になりました。

夜に走りに行こうと思った矢先に雨が降るようなのでまだ試しては無いですが、ブレは良くなったのかなと思います。

ベルとサイクルコンピューターはステムとフレームに取り付けてます。

ハンドル交換しててハンドリングが重くなった。アクセサリー類の取り付けに悪戦苦闘するもカメラの傾きは改善された

ハンドルが短くなってハンドルが重くなったように感じます。ハンドルの中心付近を握りながら走ってる感覚に近いです。

ただ以前は脇が開き過ぎてる感じでしたが、脇が閉まって丁度良い感じです。

アクセサリー類は、ライト3灯にスマホホルダー、アクションカムもあるので取り付けに悪戦苦闘。何度も装着位置を調整しましたが、まだ「これだ!」という位置が決まってないのでまた調整するかもしれません。

カメラの傾きはほぼ水平に良くなりました。

アクセサリー類の取り付け

アクションカムの傾きも改善。斜めになってたのがほぼ水平に良くなりました。

アクセサリー類の装着はハンドルが短くなったので悪戦苦闘。ただ、ハンドルがストレートに変ったのでアクションカムの傾きがほぼ水平に良くなりました。

ライトだけなら難なく装着できると思いますが、ライト3灯にアクションカムとスマホホルダーもハンドル周りに取り付けようとなると、特にアクションカムのブレを抑えるようにするにと、かなり工夫が必要になります。

まだ「これだ!」という位置が決まってないので、今後走っては調整…していくことになると思います。

余談、中華製マウントのパイプを使おうとしたら失敗

元々、ミノウラのアクセサリーホルダーはマウント部分だけ使う予定でした。

去年買ったまま放置してる中華製アクセサリホルダー

去年買った中華製のアクセサリーホルダー。取り付け相性が悪く、何度もスペーサ工夫して取り付けても走行中の振動で下がってくるので使わずに放置していました。

ミノウラのアクセサリーホルダーは板ナットでパイプを固定してる

ミノウラのアクセサリーホルダーはパイプに穴が開いてあり板ナットで固定しています。

中華製アクセサリーホルダーのパイプのみを使って、ミノウラのアクセサリーホルダーのマウントを2個で、元の取り付けのように固定しようかと考えてました。

パイプの中で板ナットを押さえないといけないので中指第二関節まで入る位置にドリルで穴をあけました。そこから中心側にも穴を開けてヤスリで削りました。不器用なので工作制度は今一つ。

ハンドルに取り付ける前にパイプに開けた穴の位置を確認。

これはダメですね。穴と穴の距離が長くてレバーに干渉しそうです。

さらに中心側にドリルで穴開けようかとも考えましたが、穴開けとヤスリ作業が面倒なんですよね。この穴あけで手が疲れました。

なので、アクセサリーホルダーをそのまま使うことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました