クロスバイクのハンドルバー交換「KALLOY HB-FB12 AL-006」 | まちぽた

クロスバイクのハンドルバー交換「KALLOY HB-FB12 AL-006」

自転車アイテム

クロスバイクGIANT CS3000のハンドルを交換しました。

「純正ハンドル(580mm)→日東のストレートバー(500mm)→カロイ HB-FB12 AL-006(560mm)」で3本目です。

純正ハンドルがライザーバーのような高さが付いてるハンドルで、アクションカムやライトのGVOLT70を取り付けていると斜めに傾くのが気になって、日東のストレートハンドルバーに交換してました。

傾きが改善されて良かったのですが、XOSSサイコン追加しよとするとスペースが無く、純正に戻しました。

純正ハンドルでGVOLT70は配光の傾きが気になる
純正ハンドルでGVOLT70は配光の傾きが気になる

純正に戻すと、やっぱりライトとカメラがロール方向に傾くのが気になる。左右に首振るだけでは対処できないので手頃な値段で長さのあハンドルバーを探して、カロイHB-FB12を買いました。

ヨドバシカメラでフロアポンプと一緒に注文したのですが、小さい段ボール繋ぎ合わせた梱包でした。

ヨドバシカメラでハンドルと空気入れ一緒に注文した時の梱包
スポンサーリンク

KALLOY(カロイ) HB-FB12 AL-006 560mm

HB-FB12 AL-006 の仕様

  • ハンドル長:560mm
  • クランプ径:Φ25.4mm
  • グリップ径:Φ22.2mm
  • 角度:5度

ストレートハンドルバーですが、角度が5度なのでグリップが微妙に手前斜めになっています。

純正、日東B2500AA、カロイHB-FB12を並べてみました。

純正 580mm、日東B2500AA 500mm、カロイHB-FB12 560mm
純正 580mm、日東B2500AA 500mm、カロイHB-FB12 560mm

上から、純正、日東、カロイ。

純正は中心から高さが付いてるので、カメラやライトを装着すると斜めに傾いてしまいます。日東はストレートなので水平に近い感じになるのですが、500mmと短いのスペースに余裕がありません。

カロイはストレートに近い形状ですが、角度が5度付いてるのでカメラやライトを装着した時の傾きが気になります。

GIANT CS3000純正ハンドルだとアクセサリー類が傾く
純正ハンドル

純正の580mmハンドルだとスペースはありますが、中心から高さあるので、ライトやアクセサリー類装着すると斜めになりますね。

カロイHB-FB12はアクセサリー類の傾きは改善
カロイHB-FB12はアクセサリー類の傾きは改善

カロイの HB-FB12 AL-006 に交換した。

 カロイの HB-FB12 AL-006 前方から
カロイの HB-FB12 AL-006 前方から

ライトやカメラ。スマホホルダーの傾きが改善された。

カロイHB-FB12に取り付けたGVOLT70の配光
カロイHB-FB12に取り付けたGVOLT70の配光

暗いですが、純正と比べてライトの傾きがなくなりました。

日東のB2500AAと比べてもハンドルスペースに余裕があり、キャットアイのアウトフロントブラケット2に取り付けたライトとアウターケーブルの干渉も少ないです。

アウターケーブルの長さはB2500AA に合わせてるので、少し短いかな。

スポンサーリンク

カロイHB-FB12 AL-006は肉薄

純正、日東と比べて内径が広く肉薄です。

純正ハンドルCS3000、日東B2500AA、カロイHB-FB12の肉厚比較
純正、日東、カロイの肉厚比較

上から純正、日東、カロイ。

グリップ径は同じ22.2mmですが、HB-FB12 AL-006は内径が広く肉薄になってます。

MTBのように悪路をガンガン走るのには向いてなさそうです。街乗りで乗ってる程度だとハンドルに撓みもないので、普段使いの走行だと大丈夫そうです。

なお、内径が広くなったので今までエンドキャップが使えませんでした。

ハンドルバーエンドキャップにシールテープ巻く
ハンドルバーエンドキャップにシールテープ巻く

なので、配管などに使うシールテープを何重にも巻きます。

シールテープはアウトフロントブラケット2取り付けのスペーサ代用として買ったんですが、巻く量が多く古いチューブを使て出番なし。ようやく使う時が来た。

ハンドルバーエンドキャップに巻いたシールテープ

ある程度巻いたのでハメてみる。まだゆるゆる。

ハンドルバーエンドキャップに巻いたシールテープ2

さらに巻いた。不器用なので捻じれたりゴミも付くのでしょうがない。ハンドルに装着していい感じにハマった。

その他ハンドルのサイズ

カロイ HB-FB12のグリップ径
カロイ HB-FB12のグリップ径

グリップ径はほぼ22.2mm。

カロイ HB-FB12の内径
カロイ HB-FB12の内径

内径は18.7mm。

カロイ HB-FB12の肉厚
カロイ HB-FB12の肉厚

肉厚1.86mm。

カロイ HB-FB12の中心付近の外径
カロイ HB-FB12の中心付近の外径

中心付近は25.5mmありました。

カロイ HB-FB12の中心付近の盛り上がりは六角レンチまである
カロイ HB-FB12の中心付近の盛り上がり

中心からの盛り上がりは六角レンチの辺りまであるので、ライトやアクセサリーホルダーなど取り付けする時は、22.2mmよりやや太くなります。

カロイHB-FB12 AL-006は手頃なハンドルバー

肉薄なので悪路の走行には向かないハンドルかもしれないですが、ハンドル中心からの高さが0なので、カメラやライトが傾かずいい感じです。

560mmと580mmより少し短いですが、500mmのストレートハンドルバー使ってからだと、スペースに余裕ができました。

アクセサリーホルダー無しでアクションカム、ライト(アウトフロントブラケット2)、スマホホルダーが取り付け出来たので良いですね。

a

コメント

タイトルとURLをコピーしました