シュワルベのロードクルーザーに交換して1ヵ月でサイドにひび割れ確認

自転車いじり

2月6日にイオンバイクでシュワルベのロードクルーザー購入してフロントタイヤを交換してから1ヵ月経ちました。

Vブレーキ交換と調整でタイヤのサイドにひび割れが発生したの確認しました。

ロードクルーザーのサイドにひび割れ

ひび割れを確認したシュワルベのロードクルーザー
ひび割れの部分拡大

商品名や空気圧など書かれている付近にひび割れがあります。

次に、タイヤ交換したときの写真があったので比較してみます。

新品時のロードクルーザー
新品時のロードクルーザー(拡大)

商品名のロゴとバルブの位置から同じ場所です。

交換時はひび割れがありませんが、1ヵ月経過してると明らかにありますね。

他の場所も見てみましょう。

何も書かれていない所にも小さいひびが無数にあります。反対側も同様です。

きになったので、タイヤを外してみた。

タイヤサイドを曲げると皮がむけそうな感じにひび割れが開きそうです。

タイヤの裏側

裏面は異常なし。綺麗です。

ちなみに、後輪のシュワルベ「マラソン」にはひび割れがありません。

シュワルベのマラソン
シュワルベのマラソン

マラソンはヨドバシ通販で昨年12月に購入した物。走行距離も使用期間も長いマラソンの方はサイドにひび割れが見当たりません。

なので、ロードクルーザーはお店に長期間置いてあったタイヤかもしれない。

そういえば、お店にあったシュワルベのマラソンやルガノなどの700Cのタイヤ、ほとんど変形している状態だったなあ。

ロードクルーザーは運よく700x32Cのタイヤが綺麗な状態だったので買ったのだけれど、相当前に作られたものかもしれない。

Amazonでロードクルーザーの700x35Cのレビューを確認すると、最新の投稿は2015年3月。2021年3月4日時点で入手できないもよう。

ただ、シュワルベの日本取り扱いサイトや海外のサイトには商品ページがあり、他の通販サイトでも販売はされているもよう。

まだ、販売されているようなので、そんなに古いタイヤではなさそうですが、そもそもイオンバイクでタイヤを購入する客は滅多にいないのではと思う。

変形していたタイヤもそのまま商品として置いてあるぐらいなので、やっぱり長期間放置されていたタイヤなのかもしれないです。

とりあえず様子見でひび割れの状況を経過観察していきますが、次のタイヤを探しつつ状況が悪くなれば交換できるようにしますか。

はぁ、定価3300円(税込)の出費は痛い。

余談。リムテープの状態も確認

フロントだけですがタイヤを外した時にリムテープの状態も確認しました。

リムはママチャリ同様のシングルウォールですが、リム幅一杯の20mmを装着してどうなったかチェックします。

リムテープが

リムの中でリムテープもズレてますね。シングルウォールなのでチューブが空気圧でリムの奥の方へと入り込んでいます。

タイヤをはめて、チューブがビードに噛んで無いか確認してるのですが、ビードを押し当てるとリムテープの縁に引っかかってリムテープがめくりそうになります。

20mmのリムテープは大きかったようです。

シングルウォールのリムは狭い方の幅に合わせるのが良さそうですね。

CS3000の元々のリムテープの幅は忘れたのですが(パナレーサーのリムテープ18mmより小さかった記憶)、自分のモデルより古いCS3000ですが15mmが合いそうです

16mmリムテープ試したけど20mmに戻した

近所のイオンバイクでシュワルベのリムテープ買ってきました15mmはラインナップには無く、14mmもお店に置いてなかったので16mmです。

バルブ穴は20mmより小さい感じがします。

さて、16mmリムテープを装着したのですが、ダメそうです。

16mmリムテープを装着してみた

リムの奥の窪みに収まらず横にズレてきそうです。ニップルもギリ隠れてて、さらにリムテープがズレると顔出しそうです。

とりあえず、タイヤを装着して空気も入れましが、気になるので20mmのリムテープに戻しました。今までパンクしてないので、20mmのままでも良かったかもしれません。

そんなわけで失敗。

コメント

タイトルとURLをコピーしました