マルイの700Cリアエンド135mmリムブレーキ用ホイールは貴重な存在

自転車アイテム

昨年の夏ごろでしょうか。マルイのリムブレーキ対応エンド135mmの700Cホイールがいくつかの通販サイトで売っていましたが、いつのまにか無くなって通販サイトの商品ページも消えてました。

そんな中、通販サイト眺めてたらマルイのホイールが販売されてることを知りました。

マルイの「WLR13600」というホイールです。

リムは前のアラヤからアレックスに変わっていますが、ハブはシマノ製。リム・ハブ不明のホイールと比べて安心感があります。

リムとハブのスペックについて少し調べたので、買い替える時のメモとして書き残します。

<リムハブ不明ブランド含めて入手可能なホイール一覧にあつめました>

マルイ WLR13600について

マルイのWLR13600について、いくつかの通販サイトを見ましたが2021/3/27時点でサイクルヨシダのみ扱ってるようです。

マルイ FH-TX500/DC19(8〜11s)リアホイール700C WLR13600 | MARUI自転車パーツの通販はサイクルヨシダへ。 | 自転車通販 サイクルヨシダ | 00649956
マルイ(MARUI)自転車パーツの通販はサイクルヨシダ。クロスバイクに最適、アレックスDC19リムにシマノFH-TX500ハブを組み合わせた、リムブレーキ専用700Cリアホイール。 | 00649956

スペック

リム:アレックス DC19/700c(ETRTO 622)/32H
ハブ:シマノ FH-TX500
スポーク:ステンレス14G
バルブ穴:仏式
カセットタイプ:シマノ(8~11S)※11速はMTBスプロケットのみ対応
対応ブレーキタイプ:リムブレーキ
オーバーロックナット寸法(OLD):135mm
付属品:クイックレリーズ
推奨タイヤ幅:23~56mm/0.9~2.2”
参考重量:1185g
カラー:ブラック

サイクルヨシダ「WLR13600」商品ページ

同じサイクルヨシダのペイペイモールでは予約で発売は2021年3月31日のもようです。

リム アレックス DC19について

リムはALEXRIMS DC19。公式サイトの商品ページから見るとリム内幅16.3mm、リム外幅は22.2mmになってます。700C用と26インチ用の2種類あります。

リムハイトは19.3mm。以前マルイから販売されていたホイールはアラヤのTX-733が使われていて、TX-733は17.5mmなので少し高さがあります。

ちなみに、DC19はブレーキシューが当たる面も記載されていて、9,7mmとなってます。アラヤのTX-733は不明ですが、GIANT CS3000のリムは実測で約12mmです。

Vブレーキシューの幅は、シマノのDEORE BR-M590付属のカートリッジシューやBBBのBBS-15Tの実測は約9mmです。なので、DC19リムはシューの位置調整(上下)がシビアになりそうです。

ハブ シマノFH-TX500について

ハブはシマノのFH-TX500-8-QR。グレードは、同じハブのナット固定のシャフトからTourneyTXだと思われます。

シマノのサイトから取扱説明書や展開図が入手できます。ハブ型番の「FH-TX500」で検索すると表示します。シマノだけあって補修パーツも充実しています。

マルイWLR13600は貴重な135mmのリアホイール

ディスクブレーキが一般化しつつある今の時期に、エンド135mmでリムブレーキ用700Cでクイックレリーズののホイールは貴重な存在です。

通販サイトを見ると大阪ギアやサイクルデザインなどのエンド135mmのホイールが出てきますが、これらのホイールはリムとハブのメーカーや型番が不明です。

特に、ハブの型番が不明だと補修部品の入手に困ります。玉押しやハブシャフトなど代用できるパーツがあるか分かりませんし、使えそうだとしても実際にやってみるまで分かりません。

その点、シマノのハブを使用しているマルイのホイールは補修部品が充実してるので安心感があります。シマノのサイトでハブの展開図を見ることが出来ますし、展開図から交換部品の品番も分かります。

玉押しの虫食いなどでトラブルになった際にパーツが手に入りやすい事はとても重要です。

ちなみにマルイからフロントホイールも出ています。「WLF13200」。ハブはシマノのHB-TX500に変わっていますがリムは後輪と同じアレックス DC19が使用されています。

GIANT CS3000のホイール候補になるかも

自分の乗ってるGIANTの古いクロスバイクCROSS3000の後輪ホイールはボスフリー7速です。

ホイールをマルイの「WLR13600」に交換すると8速化が出来そうです。フレームが干渉しないか不安がありますが、CS3000の上位グレードのCS3400はリア8速です。

CS3400のフロントフォークはサスペンション付きですが、フレームは多分同じだと思います。

また、自分のCS3000のコンポーネントはフロントディレイラー「アルタス」でリアディレイラー「アセラ」で共に7,8速対応にしてます。

あとはスプロケットとシフトレバーを8速対応に変えるだけ。チェーンは7速も8速も共通してるので、チェーンの交換時期に8速化すると丁度いいタイミングになるのかなと思います。

ただ、スポークが折れないかの不安があります。

CS3000のホイールはリア13番スポークの36本です。ママチャリのようなホイールで、マルイのは14番スポークと32本と細くて数も少ないです。

フロントは14番の36本。

CS3000は前カゴを付けて10年以上乗っていましたが、スポーク折れのトラブルはありません。ここ1年は、前カゴを外してリアキャラと後カゴ付けて乗っているので後ろが重い状態ですが、いずれもトラブルなし(後輪のタイヤは破片が刺さって2回パンク経験してますが)。

後輪のホイール変えるとスポーク折れが心配だったり。

今の7速でも乗れるんですけどね、ハブのメンテナンスで虫食いの玉受けを、とりあえずシマノの玉受けに変えて、振れも放置でそのまま乗っているとなると、新しいホイールで8速かも良いのかなと。

今は個人的に色々と厳しいので、交換するかは分かりませんが、とりあえず候補のホイールとして頭に入れておきます。

前輪のハブの玉受けも虫食いだから、とりあえず前輪だけ変えるのもありかな。その場合は、仏式と英米式の混合になるけど。

マルイで7速のホイールもある用だけど、カセットスプロケットに変わるから、どうせなら8速が無難かな。専用工具必要なるからシフターの交換以外の費用は同じぐらいだろうし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました