柴山潟サイクリングロードと柴山潟一周

ポタリング

片山津温泉の柴山潟沿いにある短いサイクリングロードです。このサイクリングロードをルートに柴山潟を一周するモデルとなっているサイクリングコースがあります。

モデルのサイクリングコースの一周は約12,7kmと短い距離です。

今回は、約6,8kmのサイクリングロードをから柴山潟を一周しました。モデルのサイクリングコースとは少しルートが異なります。

なお、柴山潟サイクリングロードの一部が工事中で通れないため迂回してます。

走行日:2020年8月23日

スポンサーリンク

片山津のサイクロングロードと柴山潟一周サイクリングコース

モデルのサイクリングコースの出発は「湯の元公園」ですが、その近くにある片山津温泉の総湯を起点に反時計回りに移動します。

基本的に柴山潟沿いの道をなぞるような形になります。

片山津温泉の総湯をスタート

交番を過ぎて左折です。サイクリングコースの案内板も建っています。

「全日食チェーン」のスーパーを過ぎて左

直進していますが、ここは床屋の前を左折だと思います。

床屋を過ぎて次の道を左折、突き当りの一時停止を右折。床屋手前を左に曲がり、丁字路を右折すると同じ道に出ます。

「大江戸温泉物語 なかやま」を過ぎて左折

ここから柴山潟サイクリングロードに入ります

温泉街から離れて柴山潟を周遊します

柴山潟サイクリングロードは一部工事中で通れません(2020年8月23日)。なので迂回するのですが舗装された道からあぜ道に変わります。

未舗装の道を真っすぐ進み、一旦道路に出て左折

サイクロングロードの工事区間は動橋川まで

動橋川を渡って再びサイクリングロードに入り御橋川を渡る

柴山潟の対岸は真っすぐな道が続きます。

夏の花火シーズンになると噴水がある場所の近くから打ち上げ花火が上がります。

ここで柴山潟のサイクリングロードは終了。この先、源平橋まで一般道を走ります。

柴山潟沿いを周回するように左折。

温泉街の対岸は裏手のようで、廃墟の温泉旅館が点々としていて廃れた感じがします。駐車場に車が止まっていて、営業している旅館もあるようです。

しばらく進んで、また左です。

源平橋からは白山が望めますが、この日はあいにくの曇り空。

源平橋を渡って遊歩道に入ります。

途中、前輪を固定する「平置式自転車ラック」の駐輪ラックがあります。

雪の科学館を抜けて一般道に出ます。

サイクリングコースの案内板が分かり難いですが、ここを左折です。

温泉旅館の通りを抜けて左に曲がります。

足湯のある「砂走公園」がある交差点を左折。写真には写っていませんが右手に自販機や公衆トイレがある「湯の曲広場」もあります。

湯の元公園を過ぎると総湯に戻ってきます。

スポンサーリンク

8月になると柴山潟サイクリングロードから打ち上げ花火が見れます

8月になると柴山潟で毎日21時から15分ほど花火が打ち上げられます。

柴山潟の何処からでも花火が見えるので、温泉街から離れた場所だと落ち着いて楽しむことが出来ます。

総湯(共同浴場)も22時まで営業していて、内風呂のみですが温泉に入りながら花火を楽しむことも出来ます。

片山津の総湯はボディーソープ・シャンプー類は備え付けてないので、入浴料と一緒に券売機で購入する必要があるので注意してください。

参考資料

コメント メールアドレスは任意です

タイトルとURLをコピーしました