リアのシフトレバーをサムシフタープラスに交換

自転車いじり

Vブレーキ交換、洗車と一緒にリアのシフトレバーも交換しました。

シフトレバーはサムシフタープラスです。

間に合わせでサムシフタープラスに交換。アウターケーブルは日泉を使用して、リアディレイラー側を以前より短くした。

作業中の写真取ってなかったので、写真少なめです。

作業日:2/28

スポンサーリンク

シフトレバー交換の理由

シフトレバーは3,4年前に交換していますが、どうもリア側のレバー(トリガー)の戻りが悪い。

1年前にシフトワイヤー交換したときに症状が出ました。ワイヤーを付けてない状態でもレバーの戻りが悪くレバーの引きも重い。とりあえず応急処置で潤滑剤吹き付けて何度もレバーを動かして良くはなりました。

ただ、以前のシフトレバーも同じ症状があり、そのまま使ってるとシフトレバー中のギアの噛み合わせが上手くいかずに、ロー側の変速が出来なくなるという症状に悪化してました。

また、古い折りたたみ自転車をメンテナンスした際に、ブレーキレバー交換でVブレーキ用のレバーを購入して、余ってしまったので、それを使わないと勿体ないので、この際にリアだけシフトレバーを交換する事にしました。

シフトレバーは今までと同じラピッドファイヤーでも良いのですが、今後、8速化するかも分からない状況ですが、安いのと間に合わせでサムシフタープラスにしました。

スポンサーリンク

リアのシフトレバー交換

シフトレバーはシマノのサムシフタープラス「SL-TX30」7速用です。付属のインナーケーブルは銀色でステンレスのようです。

以前の折りたたみ自転車のシフトレバー交換した際は同じ「SL-TX30」ですがが、インナーケーブルはスチールでした。6速・7速で違うのか、それとも購入した通販が異なり、生産時期も異なっているかは分かりませんが。

ワイヤーカットして、レバーも外します。

ハンドルグリップはロックオンタイプなのです。

ロックオンタイプのハンドルグリップ

ボルトを緩めるだけなので脱着は容易です。

アウターケーブルはハンドル側もリアディレイラー側も影響が出ないぐらいに短めにしました。

今回、初めて日泉のケーブルを使用しましたが、柔らかいです。

日泉のシフトアウターケーブルとチェーンコネクトピン

日泉のアウターケーブルにはキャップが付属してないため、今までのアウターキャップの予備を使います。チェーンコネクトピンは送料合わせで予備として購入。

交換前のシフトアウターケーブル

以前のケーブルは固く、変速するとクイックレリーズの軸の内側に入ってしまったので、長くしてました。

交換後のシフトアウターケーブル

改めて、短くしましたが、ケーブルが柔らかいのでクイックレリーズの下に入ることはなさそうです。また、柔らかいのでケーブルガイドからの食い込みも無くなりました。

日泉のケーブルは柔らかく短めにしたためアールがきつくなりましたが、ケーブルの抵抗の違いは分かりません。

シフト出来てるので問題ないでしょう。

シフトレバも交換

右レバーだけ交換しましたが、ブレーキとシフトレバー単体てバランス悪いです。

シフトレバーの位置がしっくりこないので、ブレーキレバーから少し離しました。

コメント メールアドレスは任意です

タイトルとURLをコピーしました