チェーン注油と伸びについて自分なりの考察

自転車いじり

今使用しているチェーンが2000km越えたのでノギスとチェーンチェッカーで伸びを計りました。チェッカーでコネクティングピン周りのコマで0.75%に達した。

チェッカーでチェーン伸び確認。チェッカー少し押して0.75到達した

コネクティングピンの周りで、チェッカーを少し押し込むと0.75付近まで入りました。

場所によってチェッカーの頭が入る程度でまだ大丈夫

ただ、0.75も入らない箇所もあります。

以前、1000km走ったらチェーンの伸びが1.0%超えたので、その時からチェーンオイルを変えたりと色々試してました。

色々試して定期的の伸びのチェックもしていて、まだ自分のメンテナンス方法を確立しているわけではないのですが、チェーンオイルがウエットかドライかが強く関係しているのではないかと思い、今後の自分用のメモ(記録)として書いていきます。

チェーンの清掃や注油で、自分なりの癖みたいなものもあると思うので、あくまで自分のやり方でこれだと思った方法なので、他の人だとまた違う結果になると思うのをご了承ください。

スポンサーリンク

チェーン伸び、それぞれの手入れの方法

チェーン伸びを検証するために、シマノのチェーン「CN-HG40」を使うとまた1000kmで交換となると勿体ないので、モノタロウブランドの安いPYCチェーンを使っています。

ストック含めて4本ほど購入。3回交換して3パターン試した。

  • パターンA
  • パターンB
  • パターンC

3回、注油する油など変えた。

パターンA

チェーンオイルはAZ Blc-004(ウエット系)を使用。

チェーン交換して最初の100kmは最初についてる油で使用。そのあと洗浄してオイル挿してます。

注油する前にAZのクイックゾル(ブ)やパワーゾル(ブ)でチェーン洗浄液を使用して洗浄した後に、水置換の潤滑スプレー(AZ KM-001やラスペネ)でチェーン注油した後にチェーンオイルを注油。

そのあと200km~300km間隔で注油。

パターンB

チェーンオイルはAZ B1-003(ドライ系)を使用。

チェーン交換して最初の300kmはそのまま使用。

一度パターンAと同じくチェーン洗浄器で洗浄した後は、100km~200km毎に継ぎ足し注油。普段はチェーン拭き取って注油するだけ、汚れが気になったら洗浄器と注油のセット。

なお、付属のジョイントリンク使っていたら片側のプレートに負荷が掛かり1300kmほどで破断したためパターンBの検証はチェーン伸び0.75に達しないまま終了。

パターンC

チェーンオイルはKURE チェーンルブドライ(ドライ系)。

AZのB1-003が冬の気温1桁で注油しようとするとグリスのように固まって使えなかったのでKUREに変えました。KUREでまだ冬は未経験なので冬の寒さでオイルが固まるかは不明です。

パターンBと同じく最初の300kmはそのまま使用。そのあと一度洗浄して注油。

100km~200km毎に清掃してから注油。遠出サイクリング前日などで50kmで注油することもあった。

こちらも汚れが気になったらチェーン洗浄してて最初は洗浄器で洗浄してましたが、面倒になったので加圧スプレーに入れた食器用洗剤と水で刷毛を使って洗車ついでにチェーン洗浄に変えてます。

チェーンの汚れがひどい時にパワーゾルブで洗浄器を使って洗浄してます。

KUREのチェーンルブドライは水置換なので、洗車後は少し乾かした後に注油して10分~15分放置して拭き取ってます。

スポンサーリンク

チェーン伸びの計測

測り方

チェーンをデジタルノギスで測る

デジタルノギスで12リンク(外プレート6リンク分)約132mm程度の幅を外プレート全部で測ります。この時、インナーローにしてある程度チェーン下部にテンションが掛かる様にしていますが、最初の頃測定した時は変速の位置はまちまちです。

値をホールドして印刷した表に記入。ノギスの電池交換用に付属してきたドライバーは測定場所の目印として使ってます。

これを1周分、チェーン交換時に長さ調整してるので56回、112リンク分を測っています。

チェーンのテンション、測定時のノギスがチェーンローラーの当たり方などで測定誤差があり、前回測定した時より伸びが小さくなってる事があります。そのため、測定誤差がある前提として外プレート全コマの伸びの平均値を見ています。

また、測定に誤差がある事をご了承ください。

測定グラフ

一定距離を走った後に伸びを測定したグラフです。

  • パターンA:AZ Blc-004(ウエット系)※青
  • パターンB:AZ B1-003(ドライ系)※黄
  • パターンC:KURE チェーンルブドライ ※赤
注油の違いによるチェーン伸びグラフ

それぞれのチェーンで伸び0.75%を確認した時の走行距離です。カッコ内は1.0%確認した時の距離。

  • AZ-Blc004:約1093km(約1401km)
  • AZ B1-003:--
  • KURE チェーンルブドライ 約2048km

※小数点以下は切捨て

AZ B1-003はジョイントIリンクのプレート破断のためチェーンが伸びる前に測定が終わりました。。また、KUREチェーンルブドライは今も使用中で伸びは1%に達していません。

それぞれのパターンでチェーンを測定した距離にバラツキがありますが、ドライ系のチェーンオイルが伸びが少ないように思います。

ウエット系だと1400kmほどで伸びが1%に達しています。

チェーン伸びの見解

チェーンオイルを変えただけで、まだ走行距離による注油間隔やチェーン清掃や洗浄の方法までは調べてないので何とも言えないのですが、ウエット系オイルは埃やゴミなど付着しやすくそれがチェーンの伸びに影響が出ているのではないかと思います。

ドライ系オイルはチェーンに埃やゴミが付着しにくくて、ウエット系オイルよりチェーンの寿命が延びたように思います。

チェーン伸びを調べる前まで、オイルの持続性と雨の日も走るかもしれないのでウエット系オイルを使用して来ました。

ある日のサイクリングで、千里浜なぎさドライブウェイを走った後にチェーンの伸びをチェッカーで確認したら急激に伸びていました。

千里浜なぎさドライブウェイは日本で唯一砂浜を走れる海岸道路です。砂の粒が細かく路面が硬い道なので普通に自動車もバイクも走れます。

珍しい道なので自転車でも走りたくなります。

それで、走った後にチェーンに砂が噛んだのかペダルからジャリジャリした感触が。そのまま30~40kmは走ったでしょうか。

もう1年以上前のことで記憶が曖昧ですが、翌日チェーン洗浄してチェッカーで伸びを確認したら0.75%に達してました。

千里浜にサイクリングに出かける数日前に測った時はチェッカーの頭が入る程度だったので、海岸を走ってチェーンに砂が付着して摩耗が進んだと思います。

なので、ウエット系オイルでチェーン伸びが早いのはチェーンに埃やゴミが付着しやすいのが原因かと思います。

走行後の手入れで丁寧にチェーンを清掃したり洗浄したりすると、また結果が違ってくるのかもしれませんが、自分の中で綺麗にしてたつもりですが意外とチェーン内部は汚れててそれがチェーンの寿命に影響していたのではないかと思います。

ドライ系オイルに変えてから、いつものようにチェーンをウエスで拭き取ってもあまり汚れが付かなくて見た目も綺麗なままです。

スポンサーリンク

チェーンの伸びにオイルの種類が関係している

ウエット系オイルでも3000km走っても問題なく使える人もいるとは思いますが、自分の手入れのやり方や癖だと、ウエット系はゴミや埃が付着しやすく、チェーン清掃してもなかなか綺麗にならないので相性が悪かったです。

ドライ系オイルに変えてからウエット系オイル比べてチェーンが汚れにくくなって、1000kmでチェーンが伸びることも無くなったので、自分はドライ系オイルの方が相性がいいと思います。

数百キロ走行ごとにノギスでチェーン計ってきましたが、1つの結論が出せたと思うので今後は定期的にチェッカーで測る程度にして報告はしないと思います。何しろ面倒くさいので。

ただ、今後はウエット系オイル使用してチェーン寿命伸ばしてみたい思いはありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました