一般折りたたみ自転車の前ブレーキをテクトロ900Aに交換

自転車いじり

2011年にホームセンターで購入した折り畳み自転車。最初の1,2年乗っただけでほとんど放置してたので2年前にメンテナンスしてました。

その時に気になったのが前輪ブレーキの効きの悪さ。

20インチのタイヤが関係しているか分かりませんが、とにかく効かない。ほとんど後輪のブレーキに頼ってる状態です。

ブレーキキャリパーをシングルピボットからデュアルピボットに交換するとブレーキの効きが良くなるらしいのですが、まずはモノタロウブランドのシューからBAA対応のブリヂストンのシューに交換。

結果、あまり変わらなかったのでデュアルピボットブレーキに交換することにしました。

交換したブレーキはテクトロ900A。デュアルピボットブレーキはロードバイク用が多いですが、数が少ないながらもシティサイクル用もあります。

ブレーキのサイズが自転車に合うか注意が必要ですが、事前に確認したおかげで上手く合いブレーキの効きも良くなりました。

素人作業です。あくまで自分の作業記録として書いています。

作業日:2022/6

スポンサーリンク

シングルピボットブレーキとデュアルピボットブレーキの違い

デュアルピボットとシングルピボット。軸の位置と数が異なる

キャリパーブレーキにはシングルピボットとデュアルピボット(ダブルピボット)の2種類があり、シティサイクルに付いてるブレーキがシングルピボット、ロードバイクに付いてるブレーキがデュアルピボットなのが一般的です。

シングルピボットブレーキは軸が1軸なのに対して、デュアルピボットブレーキだと2軸になってます。

デュアルピボットのほうが軸からアームの長さが長いのでてこの原理からブレーキの効きが強くなります。

ただ、デュアルピボットは効きが強くなりますが、シングルピボットと比べてブレーキアームに対してレバーの引き量が変わるのでレバーの遊びやワイヤー調整がシビアになるそうです。

デュアルピボットについてはレバーの引き量についても、下記サイトが詳しく説明しています。

自転車の修理屋さん M’s Cycle: ダブルピボットキャリパーブレーキ (ms-cycle.com)

スポンサーリンク

ブレーキ交換前に確認すること

車種によってブレーキが合わず使えないことがあるので、事前に確認するのが重要になります。

アーチサイズ(ディメンション)の長さ

センターボルトからブレーキシューがリムに当たる距離の長さ。

今まで付いてたブレーキでアーチ長さを確認

アームにシューを固定する位置は上下に動かしてある程度調整できるのですが、この長さが長過ぎたり短すぎるとブレーキシューがタイヤに当たったりリムに届かなかったりするので、センターボルトからブレーキシューが付いてる長を計って確認します。

この自転車はセンターボルトからブレーキシューのボルト中心まで約80mmでしょうか。ボルトの端はもう数ミリありそうです。

センターボルト軸長

センターボルト軸長

ブレーキのセンターボルト軸長は、前用と後用で長さが違うので間違いないように注意。前用ブレーキのほうが長いです。

センターボルトの長さも製品によって同じ前用でも長さが違いますが極端に短くなければ大丈夫かと思います。元々付いてたブレーキよりテクトロ900Aのほうが数mm短かったのですが、取り付けると大丈夫でした。

また、取り付けボルトはシティサイクル用だとナット締めになってます。

ロード用は筒状の内側にネジ切りがあるパーツで六角レンチで締めて固定してます。この筒状のパーツの外径がセンターボルトの径より太いので、シティサイクルのフォークの穴とサイズが合わない場合があります。

テクトロ900Aと800Aの違い

900Aも800Aもシティサイクル用のデュアルピボットのキャリパーブレーキです。

シティサイクル用のデュアルピボットブレーキを探してるとテクトロ900Aと800Aが出てきますが、2つの違いはディメンション(アーチサイズ)だけです。

900A800A
ディメンション72-92mm61-81mm
センターボルト軸長48mm48mm
重量200g200g
テクトロ900Aと800Aの違い

800Aも900Aもロングアーチに分類されるようですが、その中でも900Aは超ロングアーチになるでしょうか。

アーチサイズが合わないとリムの当たり面にシューが合わないので要注意です。

先ほど確認した折りたたみ自転車のアーチサイズがブレーキシューのボルト中心までで約80mmです。800Aが使えるか分からないギリギリの長さです。測定誤差もあるでしょうから、余裕のある900Aにしました。

アーチサイズが72mmなら800A、80mmなら900Aを選ぶのが良いのではないでしょうか。

Amazonやモノタロウでテクトロ以外のシティサイクル用デュアルピボットブレーキを探しました、がアーチサイズが短かったり不明だったりでテクトロ900Aしか選択肢しかありませんでした。

スポンサーリンク

ブレーキ交換

テクトロ900AとシマノのR55C4

サイクルベースあさひのネット通販で注文。車体の色がグレーなのでメリハリ付けるためブレーキはシルバーに。

それと、付属のシューはトーイン付けれないようなのでロード用シュー「シマノ R55C4」も一緒に購入。

ヨドバシでアウターケーブルとインナーワイヤーも注文

ブレーキキャリパー交換するついでに、ケーブル類も交換します。

ルーラーのインナーケーブルは安かったのですが、エンドキャップが付属してませんでした。幸い、余ってたエンドキャップがあったのでそれを使います。

ブレーキキャリパーを外します。使用する工具は10mmのスパナ(メガネレンチ)。

テクトロ900Aと標準ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパー外した時の逆順でテクトロ900Aを取り付け。

900A取り付け

ブレーキキャリパー取り付けのとき泥除けがうまく装着できなかったので、ホイールを固定してるハブナットを緩めてから取り付けました。

泥除けを動かすためにハブナットを緩めた

14mmのスパナ(メガネレンチ)使用。

900A取り付け

リムサイドとシューの位置は問題なさそうですね。シューを取り付ける前にリムのサイドは水に濡らした耐水ペーパーで少し研磨しました。

シューを取り付けて、ブレーキキャリパーの左右バランス調整は後でやります。

センターボルトのスペーサー取り付け位置に注意

センターボルトには湾曲したスペーサーが2枚付いてますが、この2枚でフォークを挟むように入れます。

椀曲型のスペーサー
スペーサー位置を間違えて取り付け

Vブレーキシューのスペーサと同様だと思い込み2枚1組だと勘違いして、フォーク前側に2枚取り付けてました。フォーク後ろ側の泥除けとナットの部分に湾曲したスペーサーがありませんね。

スペーサー位置を修正

椀曲したスペーサーはフォークに挟んで入れるためのようで、YouTubeや他のブログなどで確認したらこの位置が正しいもよう。

テクトロ900AにシマノR55C4は取り付けに注意

テクトロ900Aに付いてきたシューを外して、ロード用のシマノR55C4を取り付けようとしましたが、左側のシューがブレーキのアームに入りません。

ブレーキキャリパーのメッキ厚みの影響かロード用のシューが入らない

ブレーキャリパーの精度かもしれないですが、メッキの厚みのせいかシューのボルトが食い込んで取れなくなった。その影響でボルトをきつく締めてもシューがしっかり固定されてないです。

なんとかシューを外して、アームのシューが入る穴をヤスリで研磨。

アームの内側をヤスリで研磨

内側のメッキを全部剥がす感じで研磨した。左右ともに。

R55C4のシューが入るか確認して上下にも動くようになった。

ワイヤー取り付け

アウターケーブルは交換前と同じ長さにカットしてます。

ブレーキキャリパーにシューをリムに当たる様に装着。最後に調整するのでまだ仮固定の段階。

インナーワイヤーはシティサイクル・クロスバイク・MTBとロード兼用

この状態でワイヤーを取り付けるのですが、インナーワイヤーの両端にタイコ2つ付いてるのでロード用のタイコは使わないので切断。前輪同士なら1本で2台取り付け出来そうですが、ロードは持ってないのでタイコの根元からばっさりカット。

ワイヤーの遊びを調整するのにアジャストボルトの出し具合を調整。

アジャストボルトを出してワイヤーを張る

手でブレーキシューをリムに当てながらワイヤーを軽く引っ張って固定。900Aはママチャリ標準ブレーキと同じ固定方法。

このままだとレバーに遊びがないのでアジャストボルトを締め付けてワイヤーの張りを緩くする。

今回、レバーの遊びを小さくしたのでワイヤー固定で出したアジャストボルトは約2mm程。

ブレーキシューはシマノR55C4を取り付けてます。

ブレーキャリパーの左右バランス調整

固定してたセンターボルトのロックナットを少し緩めた状態にする。

13mmのスパナを使用

片効きになってるのでブレーキャリパーのセンターボルトにスパナを使って左右に動かしつつ左右のシューとリムの隙間が丁度いい位置になったらスパナでブレーキキャリパーが左右に動かないように押さえつつセンターボルトのロックナットを締め付けて固定。

しかし、13mmスパナでブレーキャリパーが動かないように押さえてロックナットを締め付けてもブレーキャリパーも一緒に動く。

最後は、これ以上ロックナットを締め付けせずに13mmスパナで左右調整して終わり。

左右のバランスを調整するボルトはいじらない

テクトロ900Aには左右調整するボルトも付いていますが、ここは触らない方が良いらしいです。

自転車の修理屋さん M’s Cycle: ダブルピボットキャリパーブレーキ (ms-cycle.com)

デュアルピボットブレーキの説明が詳しいと紹介した同じブログ。調整ネジについて内容の後半に書いてます。

そもそも、この調整ネジはネジロックが塗られていて、下手に触って調整するとネジが動いて緩みやすくなるから回さない方がいいとのこと。

ブレーキャリパーの左右バランス調整が終わったら、ブレーキシューのトーインを付け直すためにシューの固定を緩めて再度取り付けた。

よくブレーキ鳴り改善でシューをハの字にする方法がありますが、シューがリムに当たる面を大きくしたいので今回はしていません。

スポンサーリンク

交換してブレーキの効きを確認

交換前と交換後に近所で走り前輪のみでブレーキを掛けて効きを確認しました。

時速18kmぐらいから同じ場所で前輪のみでフルブレーキ、ブレーキシューもいくつかあるので、シューによる違いも気になって試しました。

あくまで、交換前のブレーキからどれぐらい効きが違うんだろうと確認してるだけなので参考程度です。

ブレーキテストに使ったシュー

左上から右に

  • ブリヂストン(ヨシガイ製、BAA対応)
  • テクトロ900A付属
  • シマノR55C4(BR-R7000 105)
  • モノタロウ(進行方向の指定なし)

シマノのシューだけトーインが付けれます。

停止距離は柵の柱何本目かで計っています。柱の間隔は約2m。柱4本と半分ほどで停止したら4.5として、柱半分より少し超えてるなら4.7などとしてるので、小数点以下の数字はだいたいこれぐらいかな?という感じです。

ブレーキテストの確認

写真の位置は3.2ぐらい。

  標準ブレーキ TEKTRO 900A
ブリヂストン(ヨシガイ製、BAA対応) 4.7 4.0 4.1 4.1 3.6 3.2 3.9 3.5
モノタロウ(進行方向無し) 4.5 3.5 4.0 5.0 3.5 4.0 3.5 3.2
テクトロ900A付属 4.3 4.1 5.0 3.8 3.1 3.0 3.1 3.7
シマノ R55C4(BR-R7000) 4.7 5.0 3.2 3.7 3.2 3.5 2.8 3.0

テクトロ900Aのブレーキレバーの遊びについて、シマノR55C4を基準として

  • モノタロウ、テクトロ900A = 大きい
  • ブリヂストン = 小さい

になってます。シマノのシュー基準でレバーの遊び小さくしてるので、ブリヂストンのシューは遊びに余裕がありません。

時速18kmからの前輪フルブレーキで4回テスト。検証した日はブレ―キャリパー交換前と交換後で別の日ですが、シューの検証は同じ日に行ってます。

ブレーキ掛けるタイミングなど厳密に検証してるわけではなく誤差が大きいので、あくまで効き具合がどんな感じか確認しているだけです。

レバーの遊びによる違いがありますが、シューによる効きの違いはあまり変わりません。ブレーキキャリパーをデュアルピボットに交換しての違いは感じられるほどの差がありました。

また、軽くブレーキレバーを握ると、標準のブレーキキャリパーはリムにシューが当たってるのに減速しない感じだったのですが、テクトロ900Aは速度が落ちてるのが感じられるので、デュアルピボットは速度の調整もやり易いように感じます。

20インチHEリムの折りたたみ自転車のリムは角度が付いてるのか、トーイン付けられるシマノのR55C4以外はシューがリムに当たってる面が小さいようです。

ブレーキシューの表面

シューによる制動力の違いは感じられませんでしたが、摩耗してくるとトーインが付けれるシューが良いかもしれません。

ブレーキキャリパー交換が一番大きく違いが感じられましたね。

105のロード用ブレーキシュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました