自転車車載、GPSログから速度表示できる無料の動画編集ソフト2つ

自転車アイテム

自転車のドラレコ代わりでアクションカメラで走行中は撮影しているのですが、あとから動画を1人で眺めて楽しんでいます。

たまに編集して速度や斜度など表示させて、山に登った時とかどのぐらい速度出てるかなども見るのも楽しいです。GPSログデータの読み込みに対応してる動画編集ソフトがあると、速度や斜度、地図など表示出来ます。

YouTubeやニコニコ動画の自転車車載でよく見るようなことも出来ます。

GPSログデータについて

GPSログが取れないアクションカムでもスマホがあるとGPSログデータは記録できます。

GPSログデータは「gpx」のファイル形式になります。このファイル形式をパソコンに取り込んで、動画編集ソフトで映像と同期させます。

GPSログを記録は以下のようなアプリがあります。Android端末しか持っていないのでGoogleプレイストアからインストール可能なアプリのみ。

自転車の走行記録として楽しめる「ストラバ」はパソコンからログインするとgpxのGPSログデータがダウンロードできます。GPS Loggerは日本語に対応していないのですが、ログの記録と端末に保存は出来るので、まあ雰囲気で分かるかと思います。

GPSログデータ対応の2つの動画編集ソフト

パソコンはWindowsしか持っていないので、WindowsでGPSログデータに対応した無料の動画編集ソフトのみです。

どのソフトもGPSログデータは「gpx」に対応しています。

Garmin VIRB Edit

VIRB Editの詳細(公式サイト)

GPSサイクルコンピューターなどで有名なガーミンですが、動画編集ソフトも出しています。ガーミンの製品が無いと使用できないのかと思いますが、ガーミンの製品を持っていなくても利用できます。

特徴

  • 同期が簡単
  • 豊富な表示メーター
  • 地図が表示出来ない
  • エクスポートはMP4のみ

Garmin VIRB Editは動画データとGPSログデータの同期が楽です。

映像と位置の同期の調整

同期はGoogleマップを見ながら調整できるので、Googleマップの航空写真から横断歩道やマンホール、橋のつなぎ目などを参考に走行中の映像を元に現在位置を調整します。

同期の調整は「停止→発進」よりも走行中である程度速度が出てる方が行いやすいです。

速度や勾配、コースマップなどのテンプレートやゲージが豊富にあります。

メーター表示などのテンプレート

テンプレートは、速度や標高、勾配などがセットで用意されていてます。

ゲージ一覧(スピード)

ゲージから速度や勾配など好きなデザインを選択できます。

勾配表示の一覧
トラック表示の一覧

テンプレートもゲージも表示位置とサイズの変更が可能です。マウス操作で簡単です。

メーター表示の一例1
メーター表示の一例2

ただ、映像に地図を表示させることが出来ません。コースマップ(トラック)で走った経路はだいたい分かりますが、土地勘が無い人が見ると、何処を走ってるかが分かりにくいです。

また、編集した動画の出力はMP4形式のみなので、出力した動画を他のソフトで編集など2次利用したい場合は、画質が劣化する点で不便です。VIRB Editもテロップの表示やカット編集など行えるので、このソフトだけでも動画を作ることが出来ます。

AviUtl + VSD for GPS

フリーの動画編集ソフト「AviUtl」と有志が作ったプラグイン「VSD for GPS」を組み合わせです。

VSD for GPSは当ブログにて使い方を書いています。

特徴

  • 地図表示が出来る
  • 動画の出力形式が豊富
  • レイアウト調整には多少のプログラミング知識が必要
  • 同期を取るのが難しい
  • Googleマップ表示させるにはGoogle APIが必要になる
  • 動作不安定

Garmin VIRB Editと比べると、地図表示ができるのが良いです。

AviUtlの出力形式もMP4以外にもaviなども可能なので、他の動画編集ソフトでの2次利用がやり易いです。

ただ、地図の縮尺変更や表示レイアウト、速度メーターの最大値など細かい調整をするには設定ファイルをいじる必要があるので多少のプログラミング知識が必要になります。

映像と位置の同期を取るのも難しいです。

Garmin VIRB Editと同じようにGoogleマップの航空写真で行う事が出来ますが、同期の位置調整はシークバーのみで、映像とGPSの時間の同期がかなりズレると何度もシークバーを動かさないといけないので同期が面倒です。

地図も拡大縮小できないので、同じ場所を探すのは大変です。

VSD for GPSの表示例(Googleマップ)

Googleマップと速度メーターを表示させました。Googleマップを利用するにはGoogleのAPIを使う必要があります。

VSD for GPSを久しぶりに使ったら、オープンストリートマップの表示はうまく出来なかった。

VSD for GPSの表示例(オープンストリートマップ)

以前はオープンストリートマップで表示出来ていました。動作が不安定な部分があります。

速度表示はガーミンVIRB Editが簡単。AviUtl のVSD for GPSは地図表示させたい時に

ガーミンの動画編集ソフトVIRB Editは速度の他に勾配も表示出来てマウス操作だけで使えて簡単です。

AviUtlプラグインVSD for GPSは設定が面倒なのと動作が不安定なところもあるので、映像に地図表示させない場合はガーミンの動画編集ソフトが使いやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました